ページ内を移動するためのリンクです。

シャープ健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 被扶養者の状況調査について
 

被扶養者の状況調査について(検認)

シャープ健康保険組合では、毎年、被扶養者の状況調査(以下「検認」)を実施しています。
検認は、健康保険法の施行規則第50条によって、毎年実施するよう定められておりますので、ご協力をお願い申し上げます。
また、調査に関する「よくある質問Q&A」を掲載していますのでご参照ください。

  【 検認の期間 】

    ・ 従業員の方 ・・・  2017年 7月 18日(火)~ 2017年 8月 31日(木)
                ( WEB検認入力期間は 8月 10日(木) まで

    ・ 特例退職被保険者の方 ・・・  2017年 6月 26日(月)発送 ~ 2017年 7月 25日(火)

*被扶養者家族についての健康保険の手続きは、被保険者本人(従業員)が行うこととなっておりますので、扶養継続・扶養削除いずれの場合も、漏れなく手続きを行ってください。
万一今回の検認において、扶養継続の状況にある家族の調査回答書が提出されない場合は、認定基準を満たしていることが確認できないため、被扶養者の資格を取り消すことになりますので、ご家族ご協力のもと期限までに提出いただきますようお願い申し上げます。詳細については以下をご参照ください。

検認の必要性

みなさまからお納めいただいている保険料は、被扶養者の有無に関わらずおひとり分の保険料となっており、被扶養者の医療費や給付金は保険料全体で補っていることから、一定条件を満たした方のみ被扶養者になることができる仕組みとなっています。
検認を行うことによって被扶養者に関する負担を適正化し、保険料(率)上昇の抑制に努めるために調査を行っております。

被扶養者に関する健保組合の費用

被扶養者の医療費・給付金はもちろん、被扶養者数に比例して国への拠出金(高齢者支援金など)を負担する必要があります。およそ被扶養者一人に対し、約20万4千円(被扶養者が40歳以上の場合27万2千円)となっています。
条件を満たさない被扶養者が加入していることは健保財政を圧迫し、ひいては私たちの保険料負担の増加、さらには会社負担の保険料を増加させ、会社全体の財政に影響を及ぼすものです。

調査対象者

本年4月1日時点で19歳以上の方を対象としています(19歳未満の被扶養者、今年1月1日以降に認定された扶養家族は調査対象から除く)

・従業員の方・・・19歳以上の被扶養者全員(ただし、税扶養対象の妻を除く)

※税扶養対象とはデータ抽出(6月上旬)時点で「配偶者控除」の登録をしている方

※75歳以上の家族は、後期高齢者制度に加入しており、健康保険の扶養家族でないため調査対象ではありません。

・特例退職被保険者の方・・・19歳以上60歳以下の被扶養者および65歳の被扶養者(一部任意の家族を含む)

回答方法

●WEB検認システムで回答「従業員」

●書面の状況調査書で回答「従業員・退職者」

(生産部の方、外部出向などでWEB検認システムへのアクセスが困難な場合)

提出先・提出期限

被扶養者の状況調査(検認)Q&A

よくある質問を掲載しておりますので、ご利用ください。

パート・アルバイトをされているご家族がいる方へ

平成28年10月1日から、パート・アルバイトの方の社会保険加入の基準が変わりました。
1週の所定労働時間および1月の労働日数が常時雇用者の4分の3以上ある場合は被保険者となります。また、4分の3未満の場合でも下記の5つの要件をすべて満たした場合、健康保険の被保険者となります。
被扶養者であるご家族が勤務先で健康保険に加入する場合は、すみやかに扶養削除の手続きをしてください。

検認でのポイント

扶養家族調査(検認)における添付書類

お問い合わせ先

まず、Q&Aをご覧ください。
個別のお問い合わせは下記までお願いいたします。

〒545-0014
大阪市阿倍野区西田辺町1丁目19番20号
シャープ西田辺ビル 1F

 シャープ健康保険組合 保険証・給付金担当
 kenpo-kennin@list.sharp.co.jp
 内線:8-611-4697、6293、2091、2127
 外線:06-6696-8605