ページ内を移動するためのリンクです。

シャープ健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
 

ウォーキング

シャープ健康保険組合では、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防対策、健康増進に効果が高いとされる「ウォーキングによる有酸素運動」を重点的に取組み、全社運動として取り組んでいます。

ウォーキングで脂肪燃焼を!運動習慣を身につけよう!

運動には激しい動きを伴う無酸素運動と、持久力が必要な有酸素運動があります。ウォーキングは有酸素運動に属し、呼吸をしながら適度な運動を長時間行うことで多くのエネルギーを消費することができます。
ウォーキングを始めとする有酸素運動は、減量効果が高く、メタボリックシンドロームの予防・改善に効果が認められています。その高血圧、脂質異常、高血糖などは、それぞれが独立した別の症状ではなく、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が主な原因となっています。しかし、この内臓脂肪は、皮下脂肪と比べウォーキングなどの有酸素運動で消費しやすく、日頃からの生活に有酸素運動の習慣を身につけることで改善や予防につながっていくことが期待されています。

運動中に食料の補給を行わなければ、すぐに使えるエネルギー源は使い果たし、脂肪などの体内備蓄のエネルギー源を糖質に分解して消費します。ただ、すぐに使えるエネルギー源を使い果たすには、20分程度の運動が必要になるので、脂肪の消費はそれ以降となり、運動時間としては若干汗ばむ程度のスピードで20分以上、1時間程度のウォーキングがよいとされています。以前は、続けて長時間歩かなければならない、と言われていたのですが、最近では短時間(20分程度)のウォーキングを繰り返しても同じ効果があるとする研究結果がでています。

チームウォーキングチャレンジ

シャープ健康保険組合では、ウォーキング運動の全社展開として、職場で10名程度のチームを結成し職場チーム対抗で歩数計により2ヵ月間の平均歩数を競うチームウォーキングチャレンジを開催しています。
  ※2016年度は "個人参加型" の全社ウォーキングチャレンジを開催します!

健保のスポーツセンターでは、年間を通じて楽しい味覚狩りなどをセットにしたウォーキングイベントを開催しています。参加対象は被保険者・被扶養者、任意継続被保険者・特例退職被保険者の皆さんも参加できます。随時、ウォーキングイベントの参加募集情報をご案内いたしますので、ぜひご参加ください。

(歩行速度は平地67m/分、4km/時、運動の強度はじっと安静にしているときの基礎代謝量の3倍)
3METs×運動時間(h) × あなたの体重(kg)× 1.05=消費カロリー(kcal)

●速歩

(歩行速度は平地93m/分、5.6km/時、運動の強度はじっと安静にしているときの基礎代謝量の4.3倍)
4.3METs × 運動時間(h)× あなたの体重(kg)× 1.05=消費カロリー(kcal)

健康保険組合連合会のウォーキングイベント