ページ内を移動するためのリンクです。

シャープ健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 給付
  • はり・きゅう・あんま・マッサージを受けるとき
 

はり・きゅう・あんま・マッサージを受けるとき

はり・きゅう・あんま・マッサージを受けたときの療養費の支給方法については、
①償還払い ②受領委任払いの2つがありますが、当組合では①の「償還払い」で療養費を支給しています。

【償還払いでの支給方法】

上の図の④のとおり「施術所窓口で施術料の全額(10割)を支払い、領収書を受け取り」、その後、⑤「患者が療養費を申請(1ヵ月ごと)」してください。
審査後、自己負担額を控除した金額が給付されます。
なお、審査により保険適用外となった部分については、療養費の全部または一部が支給されないことがありますのでご注意ください。

※審査上、施術内容についてお問い合わせさせていただくことがありますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

ご注意ください!

医師の同意があっても、保険適用とならない場合があります。

給付金額」については以下をご参照ください。

はり・きゅうの施術を受けるとき

慢性病であって、医師による適当な治療手段がなく、医学的な見地からはり・きゅう施術を受けることに医師が同意した場合のみ、療養費として申請ができます。

※一つの傷病に対して、①病院(医科)②はり・きゅう③柔道整復師のいずれか一つに健康保険を使うことができます。①と②や、②と③など両方に受診した場合は、どちらか一方に健康保険組合から支払います。

■対象となる主な症状

神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症 等

■医師の同意について

はり・きゅう療養費の申請には、医師の同意が必要です。医師の同意書をダウンロードして必要事項を記入してもらい、申請書に添付してください。
同意書の有効期間は、同意日より最長6ヵ月です。同意日が15日以前の場合は、当該月の翌々月の末日まで、同意日が16日以降の場合は、当該月の6ヵ月後の末日までとなります。さらに、施術を続ける場合は、改めて医師の同意を得てください。同意を得ていなかった場合は、給付できませんので、ご注意ください。

必要書類
  • 提出先:総務部(退職者の方は直接健康保険組合へ)
  • 領収書(原紙) ※返却はできませんので、必要な場合はコピーをお持ちください。

■税務署への確定申告(医療費控除)等の手続きのため、領収書が必要な場合

「療養費支給申請書」を提出時に「健康保険各種証明書交付依頼書」も提出してください。はり・きゅう・あんま・マッサージ療養費の支給金額決定後、後日、シャープ健康保険組合より、「健康保険給付金支給証明書」の発行が可能です。

必要書類
  • 提出先:総務部(退職者の方は直接健康保険組合へ)

あんま・マッサージ・指圧の施術を受けるとき

医療上必要と医師が認めたうえで行われたあんま・マッサージのみ、療養費として申請ができます。
筋麻痺の緩解措置としての手技や、関節拘縮・筋萎縮等により、制限されている関節の可動域の拡大と筋力増強を促すマッサージが対象となります。
疲労回復や慰安を目的とした、疾病予防のマッサージ等は支給対象となりません。
あんま・マッサージ・指圧師の施術を受ける場合は、一定期間ごとに医師の診察が必要です。
長期間に渡って漫然と施術を受けることのないよう、注意してください。

■対象となる主な症状

脳血管障害等の麻痺による半身麻痺・半身不随 等

■医師の同意について

あんま・マッサージ療養費の申請には、医師の同意が必要です。
同意書の有効期間は、最長6ヵ月です。
ただし、変形徒手矯正術を受ける場合は、毎月同意が必要です。

■往療料

往療料(往診料)は、歩行不可能な場合のみ給付されますが(医師の同意が必要)、定期的もしくは計画的な施術の場合は認められず、自費となります。
(医師の同意があっても、往療料の支給要件に該当しない場合は、支給対象とはなりません。)

請求手続き

必要書類
  • 提出先:総務部(退職者の方は直接健康保険組合へ)

■税務署への確定申告(医療費控除)等の手続きのため、領収書が必要な場合

「療養費支給申請書」を提出時に「健康保険各種証明書交付依頼書」も提出してください。はり・きゅう・あんま・マッサージ療養費の支給金額決定後、後日、シャープ健康保険組合より、「健康保険給付金支給証明書」の発行が可能です。

必要書類
  • 提出先:総務部(退職者の方は直接健康保険組合へ)

提出日・給付金支払日

各月15日までに健康保険組合に到着した申請書(請求書)については、翌月給与で支払われます。(特例退職の方は、翌月末支払いとなります。)
ただし、書類不備や、内容審査によっては、支払いが遅れる場合があります。

※受給条件の発生した日から2年が経過すると、健康保険の給付を受けられなくなります。

公費手続き

障害者医療制度などの医療費の助成制度を受けておられる方は、自己負担分(1〜3割)の請求手続きを市区町村にしてください。
健康保険の支給決定通知書が必要な場合は、従業員は給与明細、退職者は保険給付金決定通知書(ハガキ)で手続きをしてください。

給付金額

健康保険の適用と認められた場合は、下記の額から自己負担額を除いた額が還付されます。
(自己負担が3割の方は、下記金額の7割を給付します。)

はり・きゅう療養費としてさだめられている額(10割)
初検料 はり・きゅういずれかの場合 1,610円
はり・きゅう併用の場合 1,660円
施術料 はり・きゅういずれかの場合(1回につき) 1,540円
はり・きゅう併用の場合(1回につき) 1,580円
電療料 電気針、電気温灸、電気光線器具を使用した場合(1回につき) 30円加算
あんま・マッサージ療養費としてさだめられている額(10割)
マッサージを行った場合(1局所につき) 340円
温罨法を行った場合(1回につき) 80円加算
電気光線器具を使用した場合(1回につき) 110円加算
変形徒手矯正術を行った場合(1肢につき) 780円

はり・きゅう、あんま・マッサージを受けるときQ&A