ページ内を移動するためのリンクです。

シャープ健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
 

病気やけがで仕事を休んだとき

本人(被保険者)が業務上・通勤途上・第3者行為以外による病気やけがで仕事ができず、給料がない期間の休業保障として支給されるものです。
なお、支給は、ご本人からの請求によって健保組合が審査をし、決定されます。

傷病手当金

支給を受けられるのは、下記の4つのすべての条件に該当したときです。

1.病気・けがのための療養中のとき
病気・けがのため療養しているのであれば、自宅療養でもよいことになっています。
2.療養のために仕事につけなかったとき
病気・けがのために、今までやっていた仕事につけない場合をいいます。
3.連続3日以上休んだとき
3日以上連続して休んだ場合で、4日目から支給されます。はじめの3日間は待期といい、支給されません。
4.給料等をもらえないとき
給料等をもらっても、その額が傷病手当金より少ないときは、その差額が支給されます。

傷病手当金の支給期間と支給金額

シャープ健康保険組合では、法律で定められた『傷病手当金』に加え、独自の付加給付制度による『傷病手当付加金』と『延長傷病手当金付加金』でさらに手厚く長期間の保障になります。

給付の種類 支給期間 支給金額
傷病手当金 1年6ヵ月 [直近12カ月間の標準報酬月額平均額÷30]の3分の2(1円未満四捨五入)×日数 計85%
傷病手当金付加金 ([直近12カ月間の標準報酬月額平均額÷30]の85%-傷病手当金の額)×日数
延長傷病手当金付加金 傷病手当金
支給期間
満了後6ヵ月
[直近12カ月間の標準報酬月額平均額÷30]の85%(1円未満四捨五入)×日数 計85%
  • ※標準報酬月額が定められている月が12カ月に満たない場合は、直近の連続した月の標準報酬月額の平均と、加入する健保組合の全被保険者の前年度9月30日における平均標準報酬月額を比較し、低いほうをもとに計算します。

傷病手当金が支給される期間は、支給されることとなった日から、2年間(傷病手当金1年6ヵ月+延長傷病手当金6ヵ月)です。これは、暦の上で2年ということですので、途中具合がよくなったので出勤した日があっても、支給開始日の日から2年を超えた期間については支給されません。

なお、健保からの給付期間(2年間)の終了後、休職が継続する場合は、部課長会および労働組合からの傷病見舞金に引き継がれます。詳しくは、各担当窓口へお問い合わせください。

手続き

傷病手当金をご請求される場合の必要書類をご案内します。

必要書類
  • 提出先:総務部

提出日・給付金支払日

各月15日までに健康保険組合に到着した申請書(請求書)については、翌月給与で支払われます。
ただし、書類不備や、内容審査によっては、支払いが遅れる場合があります。

※受給条件の発生した日から2年が経過すると、健康保険の給付を受けられなくなります。